October 30, 2019 / 8:18 AM / in 19 days

第3四半期の仏GDP速報値、前期比+0.3% 予想上回る

 10月30日、フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.3%増となり、市場予想を上回った。写真はパリの百貨店。2016年2月26日撮影(2019年 ロイター/Mal Langsdon)

[パリ 30日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.3%増となり、市場予想を上回った。

ロイターがまとめた市場予想は0.2%増だった。

貿易摩擦で世界経済が鈍化し、ドイツ経済が低迷する中、マクロン仏大統領にとっては朗報となった。

オストラム・アセット・マネジメントのエコノミスト、Philippe Waechter氏は、財政支出の拡大で家計の購買力が上がったと指摘した。

バークレイズのエコノミスト、フランソワ・カバウ氏は、「フランスについての慎重ながら楽観的な」見方を後押しする内容と分析。「引き続き国内のファンダメンタルズは堅調と考えている。特に民間消費が伸びるだろう」と述べた。失業の減少で成長率は今後数四半期0.3─0.4%を維持する見込みだという。

内需の寄与度は0.5ポイント。純輸出の寄与度はマイナス0.4ポイントだった。在庫の寄与度は0.1ポイント。

第3・四半期の家計支出は0.3%増。第2・四半期は0.2%増だった。設備投資は0.9%増。前四半期は1.2%増だった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below