May 29, 2019 / 7:39 AM / 22 days ago

第1四半期の仏GDP改定値、前期比+0.3% 所得増加で貯蓄率上昇

[パリ 29日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)改定値は前期比0.3%増だった。

速報値から改定はなかった。昨年第4・四半期は0.4%増に改定された。フランス経済が安定した成長を維持していることが明らかになった。

第1・四半期は、マクロン政権が昨年12月に低所得層や年金生活者の所得拡大に向けた一連の対策を打ち出したことを受けて、家計の可処分所得が0.9%増加した。

ただ個人消費は0.4%増と伸び悩んだ。昨年第4・四半期は0.3%増だった。

半面、貯蓄率は15.3%と、昨年末の14.9%から上昇。家計が消費よりも貯蓄を優先したことが浮き彫りとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below