May 3, 2019 / 7:48 AM / 19 days ago

独仏、欧州のEV電池生産に共同投資へ 最大60億ユーロ

フランスとドイツは2日、欧州での電気自動車(EV)向け電池の開発に共同で投資すると発表した。フランスのルメール経済・財務相(中央)、ドイツのアルトマイヤー経済相(左)、欧州委員会のマロス・セフコビッチ副委員長がパリで共同記者会見を開いた(2019年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 2日 ロイター] - フランスとドイツは2日、欧州での電気自動車(EV)向け電池の開発に共同で投資すると発表した。この分野で先行する米国や中国に対抗する。

フランスのルメール経済・財務相、ドイツのアルトマイヤー経済相、欧州委員会のマロス・セフコビッチ副委員長(エネルギー担当)が共同記者会見を開いた。

ルメール氏は今後4年間に独仏にそれぞれ1カ所の生産工場を建設し、各工場で約1500人を雇用する目標を明らかにした。

最初は電解質に液体を使う電池の改良版を生産し、2025─26年までに全固体電池に移行する。

投資総額は50億─60億ユーロ(56億─67億ドル)という。

ルメール氏は投資について「欧州にとって戦略的に重要となる」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below