April 25, 2019 / 9:46 PM / a month ago

グーグルの追徴課税支払い不要、仏控訴裁が一審判決支持

[パリ 25日 ロイター] - フランス当局による追徴課税を不服として米大手情報技術(IT)企業アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルが処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、パリ行政控訴院は一審の判決を支持し、追徴課税の支払いは不要との判断を示した。

フランス財務省は、グーグルがアイルランドで申告した広告収入は実際にはフランスで得たものと見なされるとし、同社は2005―10年の間、フランスで法人税ならびに付加価値税(VAT)の納付を逃れていたと主張した。

これに対し控訴院は、グーグルのアイルランド法人がフランスに恒久的施設もしくは課税可能な拠点を所有していた事実はなく、追徴課税は妥当とはいえないと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below