October 9, 2018 / 1:51 AM / 9 days ago

中国、前ICPO総裁を収賄など法律違反で調査

[北京/パリ 8日 ロイター] - 中国は8日、国際刑事警察機構(ICPO)が7日に辞任を発表した孟宏偉・前総裁を収賄などの法律違反で調査していると明らかにした。

 10月8日、中国は、国際刑事警察機構(ICPO)が辞任を発表した孟宏偉・前総裁を収賄などの法律違反で調査していると明らかにした。写真はリヨンのICPO本部で5月撮影(2018年 ロイター)

孟氏を巡っては、中国に一時帰国中に行方が分からなくなったとフランス在住の妻が仏当局に通報。仏内務省は5日、孟氏の家族は9月25日以降、同氏と連絡が取れていないとしていた。

フランスに本部を置くICPOは7日、孟氏が総裁を辞任したと発表した。

中国公安省はウェブサイトに掲載した声明で「孟宏偉氏に対する収賄や法律違反の調査は非常に時宜にかなっており、絶対的に正しく、賢明だ」とし、「法の前には特権も例外もなく、法律に違反する者は誰しも厳しく処罰しなければならないことを示している」と強調した。

仏メディアは7日、孟氏の妻が顔を隠すためカメラに背を向けた状態で会見する動画を放送した。仏メディアによると、妻は孟氏から送られてきた携帯電話のテキストメッセージを記者団に見せ、身の危険を知らせるためナイフの絵文字が一緒に送られてきたことを明らかにした。

中国は習近平国家主席の下で当局者の汚職取り締まりを強化している。

孟氏は2016年、国際機関の要職に中国人を置く政府の取り組みの一環としてICPO総裁に就任した。

カーネギー清華センターのディレクター、ポール・ハンリ氏は「孟氏の突然の失踪が中国自身の努力を台無しにしたのは明らかで、中国は国際社会で重要な指導者の役割を果たす用意ができていないとの主張に信頼性を与える結果になった」と指摘した。

 10月8日、中国は、国際刑事警察機構(ICPO)が辞任を発表した孟宏偉・前総裁を収賄などの法律違反で調査していると明らかにした。写真はシンガポールで2014年9月撮影(2018年 ロイター/EDGAR SU)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below