December 27, 2019 / 3:29 AM / 6 months ago

ノートルダム大聖堂、足場撤去の準備再開 さらなる崩壊の危険も

 今年4月に火災に見舞われたノートルダム大聖堂の再建に向けた作業が、足場を取り除く準備に入り、さらなる崩壊を招きかねない危険な段階に差し掛かった。23日撮影(2019年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 26日 ロイター] - 今年4月に火災に見舞われたノートルダム大聖堂の再建に向けた作業が、足場を取り除く準備に入り、さらなる崩壊を招きかねない危険な段階に差し掛かった。

4月15日の火災では、屋根や尖塔が焼失したが、鐘のある塔や外壁、円天井の大部分などは焼け残った。

現場には高さ75メートルのクレーンが設置されており、クリスマス翌日の26日、作業員らは2021年から始まる本格的な再建に向けた準備を再開した。

大聖堂には、火災前に計画されていた修復工事用に組まれた250トンの足場が残っている。足場が崩壊すれば建物に被害が及ぶことから、撤去は難しい作業となる。

大聖堂の関係者は「構造の安定性にどう影響するか分からない。円天井の一部が崩壊する可能性を排除できない」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below