for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パリ全域で車の速度制限30キロに、安全・環境対策で

フランスの首都パリで30日、市内のほぼ全域で自動車の制限速度が時速30キロメートルに設定された。コンコルド広場で昨年10月撮影。(2021年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 30日 ロイター] - フランスの首都パリで30日、市内のほぼ全域で自動車の制限速度が時速30キロメートルに設定された。

市としては、新たな規制で大気汚染や騒音問題を軽減し、重大事故を減らすことを目指しつつ、ウォーキングやサイクリング、公共交通機関の利用を促したい考えだ。

30キロの速度制限は既にパリの約60%で導入されていたが、今後は一部の大通りを除き全域が対象となる。シャンゼリゼ大通りなどは例外的に50キロを維持する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up