March 1, 2018 / 9:30 AM / 8 months ago

仏製造業PMI改定値、2月は6カ月ぶり低水準

[パリ 1日 ロイター] - IHSマークイットが1日発表した2月の仏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は55.9にやや下方改定され、6カ月ぶり低水準となった。約17年ぶりの高水準だった昨年12月の水準から一段と減速した。1月のPMIは58.4、速報値は56.1だった。

同指数は50が景況改善・悪化の分かれ目となる。

IHSマークイットのエコノミスト、アレックス・ギル氏は「フランスの製造業セクターは2月に勢いがさらに失速し、PMIは6カ月ぶり低水準になった」と述べ、「ただ、企業の信頼感が過去最高になるなど、指数は引き続き底堅く、同セクターが依然として短期的な成長に向けて良い態勢にあることを示唆している」と述べた。

マークイットによると、内外の需要の伸び悩みが減速の主因。企業は16カ月連続で雇用を増やしたが、ペースは1月を下回ったという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below