December 21, 2015 / 4:36 AM / 3 years ago

仏大統領選、サルコジ氏は第1回投票で敗退の予想=世論調査

[パリ 18日 ロイター] - 調査機関IfopがウェブサイトAtlanticoの委託で実施した世論調査で、フランス大統領選が20日に行われたと仮定した場合、ニコラ・サルコジ前大統領は第1回投票で敗退する見通しが示された。保守派の指名を争うアラン・ジュペ元首相(ボルドー市長)が出馬すれば決選投票に勝ち上がれるとみられ、右派のマリ・ルペン氏はどちらの可能性もあり得るという。

調査は14─17日、1800人を対象に実施。その結果、サルコジ氏が候補となった場合の予想得票率は21%、ルペン氏は27%、オランド現大統領は22%となった。中道派のフランソワ・バイル氏も出馬が想定されており、予想得票率は12%だった。

ジュペ氏が指名を獲得した場合、予想得票率は同氏が30%、ルペン氏が26%、オランド氏が20.5%という。

フランスの次期大統領選は2017年。第1回投票で上位2位までの候補が決選投票に出馬できる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below