May 13, 2019 / 3:53 AM / 13 days ago

仏「黄色いベスト」運動が26週目に、参加者減少の一方で衝突も

 5月11日、フランスで、マクロン政権に抗議する「黄色いベスト運動」のデモが行われ、リオンとナントで警官がデモ参加者に催涙ガスを発射するなどの衝突が発生した。写真は前週4日に行われた黄色いベスト運動。パリで撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)

[ナント(フランス) 11日 ロイター] - フランスで11日、マクロン政権に抗議する「黄色いベスト運動」のデモが行われ、リオンとナントで警官がデモ参加者に催涙ガスを発射するなどの衝突が発生した。デモは26週間連続。

ナントでのデモはおおむね平和裏に行われたが、黒頭巾姿のデモ参加者が瓶を投げつけたり店舗のショーウィンドウを壊したりした。一方リオンでは、警官が中心部のベルクール広場からデモ隊を追い出そうとした際に催涙ガスを使用した。

ただ、6カ月前に始まったこの運動は勢いが弱まりつつあり、政府の統計ではピーク時の昨年11月に30万人を超えていた参加者は、ここ数週間には3万人を下回っている。11日の全土での参加者数も、顕著に少なくなっていた。

マクロン大統領は、運動への対応として「国民大討論」と名付けた対話集会を行い、先月、減税を公約するとともに、ときとして辛らつな表現を使ったことを謝罪した。

しかし、11日にナントで運動を行ったデモ参加者らは、大統領の提案は不十分で詳細を欠いていると反発。ある43歳の参加者は、「大討論は偽装工作だ。きょう、彼らはわれわれを催涙ガスで追い出している。だが、われわれは屈しない」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below