September 13, 2019 / 7:28 AM / in 2 months

パリで大規模スト、年金改革に反対 通勤の足を直撃

 9月13日、フランスの首都パリで、マクロン大統領の年金改革に反対する大規模なストライキが始まった。写真はパリで12日撮影(2019年 ロイター/CHRISTIAN HARTMANN)

[パリ 13日 ロイター] - フランスの首都パリで13日、マクロン大統領の年金改革に反対する大規模なストライキが始まった。

朝のラッシュ時に地下鉄16路線中10路線と主要地域鉄道2路線が運行を完全に停止。通勤の足を直撃している。

パリ市内のレストランで働くアントニーさんはロイターに「きょうは歩いて職場に向かう。少なくとも4時間はかかるだろう」と語った。

この日のストは2007年以降で最大の規模となる見通し。マクロン政権は現在42種類ある年金制度の一本化を目指しているが、既得権益を失う市民の間で反発が強まっている。

フィリップ首相は前日、年金改革は時間をかけて慎重に進めると表明したが、パリ交通公団の労組「管理職総同盟」のフレデリック・ルイス委員長は「首相の発表の影響はない。ストは始まった。大規模なストになるだろう」と述べた。

パリ交通公団の年金制度では、地下で働く職員の定年が52歳と、通常の公的年金支給開始年齢よりも10年早い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below