May 13, 2018 / 11:24 PM / 2 months ago

パリで通行人襲撃事件、射殺された容疑者はチェチェン出身

[パリ 13日 ロイター] - フランス・パリのオペラ座付近で12日夜、男が刃物で通行人を次々に襲う事件が発生し、刺された男性1人が死亡、4人が負傷した。容疑者は警察に射殺された。

5月13日、フランス・パリのオペラ座付近で12日夜、男が刃物で通行人を次々に襲う事件が発生し、刺された男性1人が死亡、4人が負傷した。写真は12日夜のパリの襲撃現場付近。映像より加工(2018年 ロイター)

男は襲撃の際、アラビア語で「神は偉大なり」と叫んでいたという。

当局によると、容疑者はチェチェン共和国生まれの21歳でフランス国籍を取得していた。警察は両親や友人への聴取を進めている。

政府報道官によると、男は2016年からテロ対策当局の監視対象になっていた。

この襲撃について、過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出したが、証拠は示していない。政府報道官は、犯行声明が本物かどうかの確認はできていないとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below