for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏教師斬首事件で表現の自由訴えるデモが全土で展開、首相らも参加

 フランスで18日、教師の支援と表現の自由の擁護を求めるデモが全土で展開され、数千人が参加した。写真は同日パリで撮影(2020年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 18日 ロイター] - フランスで18日、教師の支援と表現の自由の擁護を求めるデモが全土で展開され、数千人が参加した。16日に歴史教師のサミュエル・パティさん(47)がイスラム過激派とみられる容疑者に首を切られ殺害される事件が発生したのを受けたもの。

デモはパリ、リヨン、マルセイユ、リールなどで行われた。参加者らは沈黙のうちに集まり、定期的に立ち止まって拍手や黙祷、国歌斉唱などを行なった。

カステックス首相とブランケール教育相も、超党派の政治家らとともにパリ中心部のレピュブリック広場でデモに参加。首相は後にツイッターに、「あなた方はわれわれを恐れさせてはいない。分裂させることもない。われわれはフランスだ」と投稿した。

パティさんは、パリ近郊の勤務校付近で18歳の容疑者に殺害された。今月に行なった表現の自由に関する授業で、イスラム教徒が冒涜的と見なす預言者ムハンマドの風刺画を生徒に見せ、イスラム教徒の保護者らから反発を招いていたという。

容疑者はロシア出身のチェチェン系で教師殺害直後に警察に射殺された。また警察は、この殺害に関連して11人を拘束した。

18日のデモに参加した人々は、新型コロナウイルス感染抑制のためマスクを着用し、「教えるのは良し、流血はなし」などと書かれたプラカードを掲げた。

デモに参加したピエール・フルニウーさん(83)は、「われわれは、自由、平等、博愛という共和主義の理念と共和制、また教育と宗教の分離主義を擁護するためここにきた。われわれは、国家が脅威にさらされていると感じている」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up