for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パリで刃物襲撃、2人負傷 シャルリエブド元本社付近

[パリ 25日 ロイター] - 2015年に襲撃事件が発生したパリの風刺週刊紙「シャルリエブド」の元本社付近で25日、少なくとも2人が刃物で襲われ負傷した。対テロ検察局が現在、捜査を進めている。

カステックス首相は当初、4人が刃物で襲われたとしていたが、その後、警察当局者はロイターに対し、負傷したのは2人で、このうち1人が重症と明らかにした。

同首相はその後、主犯と見られる容疑者1人が逮捕されたと明らかにした。2人目の容疑者の身柄も確保されたとしている。負傷者2人について、命に別状はないとした。

パリ警察は容疑者1人をオペラ・バスティーユの近くで逮捕。ヨーロッパ1ラジオは警察当局者の話として、主犯と見られる容疑者はパキスタン生まれの18歳で、これまでに治安当局に知られていたと報じている。

目撃者はヨーロッパ1ラジオに対し、「オフィスにいたら路上から叫び声が聞こえた。窓から見ると、女性が倒れており、顔面にマチェーテ(なた)による襲撃とみられるけがをしていた。2人目が倒れているのも見え、助けを呼んだ」と述べた。

警察関係者によると、襲撃現場でマチェーテと肉切り大包丁が発見された。テレビによると、現場付近には救急車や消防車が急行し、警察により非常線が張られている。

シャルリエブドはイスラム教を繰り返し風刺。15年1月に発生した襲撃事件では12人が死亡し、今月2日に容疑者14人に対する公判がパリで始まった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up