Reuters logo
訂正-仏独、警備強化・難民対応で「リスク基金」設立の可能性=関係筋
November 25, 2015 / 8:58 AM / in 2 years

訂正-仏独、警備強化・難民対応で「リスク基金」設立の可能性=関係筋

[パリ 25日 ロイター] - フランス経済相に近い筋によると、フランスとドイツは、国境警備強化や移民・難民に対応するため、100億ユーロ(約106億6000万ドル)規模の「リスク基金」を設立する可能性がある。同筋は、十分な政治的意思があれば、数週間以内にも設立されるとの見方を示した。

 11月25日、フランス経済相に近い筋によると、フランスとドイツは、国境警備強化や移民・難民に対応するため、100億ユーロ(約106億6000万ドル)規模の「リスク基金」を設立する可能性がある。ベルリンで昨年9月撮影(2015年 ロイター/Fabrizio Bensch)

ドイツを訪問したマクロン仏経済相は24日(訂正)、同相とガブリエル独経済相がオランド仏大統領、ドイツのメルケル首相充てに書簡を送り、基金の設立を提案したことを明らかにした。ロイターが入手した書簡によると、基金は3年かけて100億ユーロを積み立て、緊急事態に備える。他の欧州連合(EU)加盟国による参加も歓迎する、としている。

マクロン仏経済相の関係筋は「迅速なシグナルと送るということだ。EUの予算措置を待っていたら、2017年まで何もできないことになる。事態は切迫している」と指摘。その上で「欧州レベルでの行動に対抗するものではなく、それを補完し、先導するものだ。政治的な意思があれば、技術的には数週間以内の立ち上げが可能」と述べた。

*本文2段落目の日付を訂正しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below