October 25, 2019 / 12:58 AM / a month ago

仏、英の離脱期限延期を容認も 妥当な理由の説明が条件=閣僚

10月24日、フランスのアメリー・ドモンシャラン欧州問題担当相(写真)は、英国が要請している欧州連合(EU)離脱期限の延期について、英政府が妥当な理由を説明できるなら、仏政府として認める用意があると述べた。パリのエリゼ―宮で4月撮影(2019年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 24日 ロイター] - フランスのアメリー・ドモンシャラン欧州問題担当相は24日、英国が要請している欧州連合(EU)離脱期限の延期について、英政府が妥当な理由を説明できるなら、仏政府として認める用意があると述べた。

「延期の正当性があり、その理由がわれわれにも理解できるなら、さらなる猶予を認めるというのが仏政府の立場だ。無論、(離脱協定案)の承認には多少の時間が必要だ。『選挙を希望する』と言われれば、それについて検討するだろう」と述べた。仏民放ラジオ・テレビ・ルクセンブルク(RTL)のインタビューで語った。

ジョンソン英首相はこの日、ブレグジット(EU離脱)を巡る混迷打開に向け、議会に対し、12月12日の総選挙実施を提案した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below