August 17, 2017 / 10:00 AM / 2 years ago

UPDATE 1-仏失業率、第2四半期は9.5% 5年ぶり低水準

(内容を追加しました。)

[パリ 17日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した2017年第2・四半期の国際労働機関(ILO)基準失業率は9.5%となり、第1・四半期の9.6%からやや改善した。

これは5年ぶりの低水準。

INSEEは今月、同国の民間部門の第2・四半期の雇用の伸び率が少なくとも6年ぶりの大きさになったと発表していた。

Bキャピタルのマネジングディレクター、ローン・バーリング氏は、失業率について、フランスの景気回復を裏付けるものだと指摘。「フランスは以前、ドイツ経済とは別の道をたどっていたが、今年に入り、経済活動が回復しており、上向いている」と述べた。

INSEEは先に、2017年の国内総生産(GDP)成長率が1.6%になるとの見通しを示している。これは2011年以来の高い伸びだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below