March 14, 2018 / 7:01 AM / in 3 months

フランシスコ法王就任5周年、前任者ベネディクト16世が擁護の書簡

[バチカン市 13日 ロイター] - 前ローマ法王で現在は引退しているベネディクト16世(90)は、現法王フランシスコ(81)の就任5周年に際し、保守派が示している「愚かな偏見」を一蹴する書簡を公表した。

 3月13日、前ローマ法王で現在は引退しているベネディクト16世(90、写真右)は、現法王フランシスコ(81)の就任5周年に際し、保守派が示している「愚かな偏見」を一蹴する書簡を公表した。2013年3月撮影の提供写真(2018年 ロイター/Osservatore Romano)

フランシスコ法王の神学書発表時に読み上げられたもので、公の場での稀なコメントとなった。

一部保守派は、現在もローマ法王はベネディクト16世とし、フランシスコ法王は離婚したカトリック信者や同性愛者に寛大すぎる、移民を擁護しすぎるなどと批判している。

ベネディクト16世は書簡で「私はただの神学理論家にすぎず、今日のキリスト教徒の現実の生活をほとんど理解していなかった。したがって、フランシスコ法王は実用的な人物で神学的・哲学的基盤を欠いている、との愚かな偏見に対する反発の動きを賞賛する」と述べた。

保守派は、フランシスコ法王が気候変動や経済格差などの社会問題に焦点を合わせ、精神面の問題を疎かにしていると批判。2016年には4人の枢機卿が家族を巡る法王の方針に公然と反論を表明したほか、昨年には保守派のカトリック系学者や一般信者が25ページにわたり法王を異端と糾弾する書簡を公開するなどした。

ベネディクト16世は、フランシスコ法王は「深い哲学と神学の基盤を持つ人物」と賞賛し、フランシス法王との間に「内なるつながり」がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below