January 31, 2019 / 5:42 PM / 23 days ago

米大統領、FRB理事に元ピザチェーン経営のケイン氏指名検討

 1月31日、トランプ米大統領は、2012年大統領選挙の共和党指名候補を目指した元ピザチェーン経営者のハーマン・ケイン氏(写真)を連邦準備理事会(FRB)理事に指名することを検討している。ワシントンで2013年6月撮影(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 31日 ロイター] - トランプ米大統領は、2012年大統領選挙の共和党指名候補を目指した元ピザチェーン経営者のハーマン・ケイン氏を連邦準備理事会(FRB)理事に指名することを検討している。政権高官が31日明らかにした。

この高官によると、ケイン氏はこの日、ホワイトハウスでトランプ氏と会談。指名は最終的には決定されていない。ホワイトハウスはコメントの要請に応じず、ケイン氏はアシスタントを通じてコメントを拒否した。

7人で構成されるFRB理事会は現在、2つの空席がある。理事は米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持ち、金融政策決定において米国で最も影響力のある当局者とされる。

カドロー国家経済会議(NEC)委員長は、FRBの2つの空席ポストについて、多くの候補者の名前が挙がっていると説明した。

ケイン氏は1989─96年にカンザスシティー地区連銀でディレクターとして勤務した経歴を持つ。

12年の大統領選の共和党予備選では、法人税・所得税・消費税の全てを9%にするという提案で注目を集め一時支持率で首位に立ったが、複数の女性に対する性的嫌がらせの疑惑が浮上し、支持率はその後落ち込んだ。ケイン氏は疑惑を完全に否定している。

同大統領選では元マサチューセッツ州の知事のミット・ロムニー氏が共和党候補の指名を獲得したが、ロムニー氏は現職のオバマ氏に敗れた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below