March 28, 2019 / 1:25 AM / a month ago

国内外経済への懸念が成長見通し引き下げの要因=米カンザスシティー地区連銀総裁

 3月27日、米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は、国内外経済に対する懸念が米連邦準備理事会(FRB)の先週の成長率見通しの下方修正につながったと説明した。写真はFRB本部。ワシントンで19日に撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は27日、国内外経済に対する懸念が米連邦準備理事会(FRB)の先週の成長率見通しの下方修正につながったと説明した。

FRBは先週の連邦公開市場委員会(FOMC)で、2019年の成長率予想を2.1%に引き下げた。

同総裁は当地での講演で、世界経済の減速と米景気刺激策の効果低下が下方修正につながったと説明。その上で、経済基盤はしっかりとしており、成長率は潜在能力を上回って推移しているとの認識を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below