December 7, 2018 / 12:25 AM / 3 days ago

米経済「極めて堅調」、恩恵は主要都市に集中=米FRB議長

 12月6日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長(写真)は、米経済は「全般的に極めて堅調に推移している」との認識を示した。7月にワシントンで撮影(2018年 ロイター/JAMES LAWLER DUGGAN)

[6日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、米経済は「全般的に極めて堅調に推移している」との認識を示した。住宅に関する会合での講演の準備原稿で述べた。

議長は労働市場について、失業率が50年ぶりの低さとなる中「多くの全国レベルの指標で非常に力強いことが示されている」と述べた。

準備原稿では、金融政策や、次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)については触れられなかった。

議長は、現在の景気回復の恩恵は主要都市に集中しており、全国に均等に波及してはいないと指摘。「一部のコミュニティーはまだ、回復の恩恵を実感できていない」との見方を示した。米国では、失業率が依然として2桁に達している郡が少なくはなく、地方の家庭のおよそ3分の1がまだ、ブロードバンドインターネットを導入していないという。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below