January 17, 2020 / 12:35 AM / a month ago

米大統領、FRB理事にシェルトン氏とウォラー氏指名へ

[ワシントン 16日 ロイター] - 米ホワイトハウスは16日、トランプ大統領が、連邦準備理事会(FRB)の理事にエコノミストのジュディ・シェルトン氏とクリストファー・ウォラー氏を指名すると発表した。

金利を高く設定しているとしてトランプ氏がたびたび批判してきたFRBで、シェルトン氏とウォラー氏は追加緩和の支持派としての役割を果たすとみられる。

ウォラー氏はノートルダム大学の経済学教授を経て2009年にリサーチディレクターとしてセントルイス地区連銀に加わった。FRB内で積極的なハト派の1人として知られる同地区連銀のブラード総裁と近い関係にある金融政策の専門家だ。

ブラード総裁は昨年の政策会合で利下げを強く主張した。ウォラー氏とは政策に関する見解が一致していると述べている。

セントルイス地区連銀の報道官はコメント要請に応じていない。

一方、シェルトン氏は型破りな見解を持ち、上院で必要となる指名承認の際に議員から厳しい審査を受ける可能性がある。

シェルトン氏は2016年の大統領選でトランプ陣営の経済顧問を務め、金本位制の復活を支持したこともある。政策当局者らは金本位制への回帰はインフレ抑制と雇用促進に向けたFRBの柔軟性を抑制すると指摘している。

シェルトン氏はまた、オバマ前政権時にFRBの緩和的政策を批判していたが、理事候補に浮上した昨夏以降は利下げへの支持を表明している。FRBとホワイトハウス、議会の協力強化も訴えている。

FRBは米経済に最善の政策を実行するために重要だとして政治的な独立性を堅持している。

シェルトン氏はコメントを求めた取材に応じていない。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below