Reuters logo
米利上げの条件「整いつつある」─ボストン地区連銀総裁=英FT
2016年5月23日 / 01:31 / 2年前

米利上げの条件「整いつつある」─ボストン地区連銀総裁=英FT

[ワシントン 22日 ロイター] - 米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は、連邦準備理事会(FRB)が利上げする条件がおおむね整いつつあるとの見解を示した。20日付の英フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

 5月22日、米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は、連邦準備理事会(FRB)が利上げする条件がおおむね整いつつあるとの見解を示した。ワシントンのFRBビルで2014年10月撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

同総裁はFTに対し、経済・金融状況を示す指標が一段と改善しており、金融政策の引き締めを支持する用意ができてきたと発言。

「今後の指標を注視したいが、議事要旨で示された条件のほとんどが現時点でほぼ整いかけているようだ」と指摘した。

先週発表された4月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では6月の利上げが適切になる公算が大きいとの認識が示された。

FRBは利上げを決定する上で、経済状況の改善、雇用市場の一段の拡大、インフレ率が目標の2%に向かっているかどうかに注目している。

ローゼングレン総裁は「われわれは完全雇用とインフレ目標に近づいており、より正常化された環境が理にかなうとの確信を強めている」と語った。

6月のFOMCの1週間後に英国で予定される欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票については、市場の不安定化につながらない限り、政策判断の障害にはならないとの見解を示した。

同総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below