June 21, 2019 / 1:58 AM / 3 months ago

米FRB、今後1年間に計1.5ポイント利下げの見込み=TD証券

 6月20日、TD証券のアナリストらは、米連邦準備理事会(FRB)が世界経済の減速や通商協議を巡る不透明感に対応し、今後12カ月間で計1.50%ポイントの利下げを行う可能性があると予想した。写真はFRB本部ビル。2015年9月にワシントンで撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ニューヨーク 20日 ロイター] - TD証券のアナリストらは20日、米連邦準備理事会(FRB)が世界経済の減速や通商協議を巡る不透明感に対応し、今後12カ月間で計1.50%ポイントの利下げを行う可能性があると予想した。

年内は7月、9月、10月の連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を毎回25ベーシスポイント(bp)引き下げると見込む。さらに、2020年は3月、4月、6月にそれぞれ25bpの利下げを行うと予想した。

TD証券はまた、FRBが10月に国債買い入れを開始すると予想。従来は2020年第1・四半期の開始を見込んでいたが、前倒しした。

米国債利回りについては、2020年第2・四半期までに2年債利回りが0.75%に、10年債利回りが1.30%にそれぞれ低下し、20年下半期に上昇に転じると予想した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below