March 7, 2018 / 12:41 AM / 5 months ago

米FRB、金利を段階的に引き上げへ=ブレイナード理事

[ワシントン 6日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は6日、経済成長とインフレに改善が見込めるとして、FRBは金利を段階的に引き上げるとの見解を明らかにした。

 3月6日、米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事(写真)は、経済成長とインフレに改善が見込めるとして、FRBは金利を段階的に引き上げるとの見解を明らかにした。写真は1日、ハーバード大学で講演する同理事(2018年 ロイター/Brian Snyder)

ブレイナード理事は講演で、減税と財政支出による「かなりの」刺激効果や世界同時成長などを踏まえ、「(経済の)向かい風は追い風に代わりつつある」と指摘。インフレ率が目標に到達することに自信を深めていると述べた。

FRB内でハト派で知られる同理事は、物価が引き続き低迷する恐れがあるとしながらも、現時点では利上げに反対せず、パウエル新議長とおおむね足並みをそろえていく考えを表明。

「インフレ目標達成の自信が深まりつつあり、緩やかなフェデラルファンド金利の引き上げ継続は適切とみられる」と話した。

また、完全雇用を維持しつつインフレ率を2%の目標に引き上げる必要があると指摘。目標を緩やかかつ一時的に上回る状態は歓迎するものの、労働市場がどの程度過熱するのかはなお不透明だと述べた。

このほか、米経済が財政的な刺激策や世界経済の成長に加え、力強い外需や原油価格、ドル安からも恩恵を受けているとの見方を示した。さらに、全体的なリスク不均衡は「穏やか」とし、先月以降の相場乱高下を経ても株式市場はなお高水準で、社債スプレッドは「かなり低水準」と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below