March 27, 2019 / 12:44 AM / 3 months ago

米FRB、直ちに50bp利下げすべき─ムーア理事候補=NYT

 3月26日、トランプ米大統領が指名した連邦準備理事会(FRB)理事候補の保守系経済コメンテーター、スティーブン・ムーア氏は、FRBは直ちに0.5%ポイントの利下げを実施すべきだと主張した。写真はFRB本部。ワシントンで19日撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[26日 ロイター] - トランプ米大統領が指名した連邦準備理事会(FRB)理事候補の保守系経済コメンテーター、スティーブン・ムーア氏は、FRBは直ちに0.5%ポイントの利下げを実施すべきだと主張した。米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙のインタビューに答えた。

同紙によるとムーア氏は、トランプ大統領にへつらっているわけではなく、金融政策において「ハト派」でもないと主張した。

ムーア氏は22日のブルームバーグTVとのインタビューで、FRBが現時点で利下げを実施すべきかどうかは不明との認識を示した上で、FRBによる2018年の利上げ決定は強く批判すると述べていた。[L3N21945S]

また昨年のラジオインタビューでは、トランプ大統領には「米経済を破綻させた」責任でパウエルFRB議長を解任する理由があるとの考えを示唆した。

ムーア氏はこの発言について22日のブルームバーグTVのインタビューで、12月の利上げを決めたFRBの「重大な過ち」に対して「憤慨していた時期」のコメントだろうと振り返った。

現在のFRB当局者の間で利下げが妥当との見方は出ておらず、ましてや0.5%ポイントの利下げを主張する声はない。

サンフランシスコ地区連銀のデーリー総裁は26日、米経済に利上げまたは利下げが必要なのかが経済指標で明確に示されるまで金融政策の調整は待つとの考えを示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below