August 2, 2018 / 11:01 PM / 17 days ago

FRB保管の外国中銀の米国債保有高、2年ぶりの高い伸び

[2日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が2日公表したデータによると、FRBが保管する外国中央銀行の米国債保有高は1日までの1週間に2年余りぶりの大幅な伸びを記録した。ドルが1年超ぶりの高値近辺で推移したことが背景にある。

 8月2日、米FRBが公表したデータによると、FRBが保管する外国中央銀行の米国債保有高は1日までの1週間に2年余りぶりの大幅な伸びを記録した。写真は、米中央銀行制度の標章。ワシントンで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

1日時点の外国中銀の米国債保有高は3兆0600億ドルと、前週の3兆0360億ドルから240億6000万ドル増えた。増加幅は2016年6月1日に記録した287億2000万ドル以来の大きさ。

3月には同保有高が過去最高の3兆1090億ドルに達していた。

米ドルは大半の通貨に対して値上がりしてきた。米中貿易摩擦の激化が世界の企業活動に悪影響を及ぼす場合、ドルが相対的に安全な投資先になると考えられているからだ。  

外国中銀は、自国通貨の対ドルでの価値を押し下げるために米国債保有を増やすことが可能で、自国通貨安誘導は米輸入関税への対抗措置になるとみられている。

一方、ドル上昇時に自国通貨防衛目的で米国債保有を減らすことも可能だ。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below