December 3, 2018 / 5:37 AM / 16 days ago

米FRB、市場との対話巡るウォール街の評価が低下

 11月30日、米ニューヨーク連銀が公表したプライマリーディーラーへの四半期調査報告によると、米連邦準備理事会(FRB)の市場との対話に対するウォール街の評価が10月はパウエル議長就任以降で最低となった。写真はウォール街の標識。NYで2013年10月撮影(2018年 ロイター/Carlo Allegri)

[サンフランシスコ 30日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀が30日公表したプライマリーディーラーへの四半期調査報告によると、米連邦準備理事会(FRB)の市場との対話に対するウォール街の評価が10月はパウエル議長就任以降で最低となった。10月上旬に米国株が下落した要因となった発言により、評価が下がった。

調査は10月25日から29日にかけて実施。過去6─8週間にわたるFRBの市場との対話を5段階で評価するよう尋ねた。市場との対話が「効果的でない」なら0点、「効果的」であれば5点となる。

今回の調査で平均点数は3.57となり、7月中旬に実施した前回調査の3.87から低下。パウエル議長就任後初めての4月の調査では3.82となっていた。

パウエル議長は10月3日、政策金利は恐らく中立金利から「大きく離れた」水準にあると指摘した。一方で議長は8月には、政策判断の材料として中立金利に依存し過ぎると誤った判断に結び付く可能性があるとしていた。こうした相反する発言が、評価が下がる一因となった。

調査報告は「数社のディーラーは、FRB当局者からの最近の発言を明確と評価した。だが数社は、金融政策について伝える上で中立金利が果たす役割と中立金利自体についての最近の対話を、不明確もしくは過去のFRBの対話と一貫していない場合がある、と受け止めた」とした。

FRBのパウエル議長と他の当局者は11月には、タカ派との認識を一蹴しようと試みた。パウエル議長が今週、利上げペースを緩める姿勢をにじませたことを受け、株式相場は上昇した。

それでもパウエル議長が率いるFRBへの評価はこれまでのことろ、イエレン前議長が指揮した期間中よりも高い。2015年10月にイエレン氏の指揮下でFRBが超低金利局面から利上げサイクルへの移行を図った際には、平均の評価点数は前議長の就任期間で最低の2.27となった。

次回のプライマリーディーラー調査報告は来年2月に公表される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below