August 17, 2018 / 6:55 AM / 3 months ago

イスタンブールの飲食店、ドル交換の市民にサンドイッチ無料提供

[イスタンブール 16日 ロイター] - トルコで、エルドアン大統領の呼びかけに応じてドルを売った市民らに、店舗などがサービスのお返しを贈る動きが広がっている。

具体的には、ドル交換のレシートを提示した人に、イスタンブールで人気の屋台食である魚のサンドイッチが無料で振る舞われたり、蘭の花や石油、3日間のホテル宿泊が提供されたりしている。

イスタンブールのある飲食店では、100ドルをトルコリラと交換したことを示す書面を提示した来店客に、無料で魚のサンドイッチを振る舞っている。

エルドアン大統領は、トルコに「経済戦争」が仕掛けられているとし、急落しているリラ相場を支援するため金や外貨をリラと交換するよう国民に呼びかけている。

トルコのメディアは、トルコ国民がドル紙幣を燃やしている場面やiPhoneを破壊している様子を映したソーシャルメディアの動画など、反米行動を精力的に取り上げている。

東部の理髪店は「アメリカンスタイル」の髪型は扱わないと表明。16日朝にはハッシュタグ「Boycott USA」(米国はずし)がトップトレンドとなった。

観光客が多く訪れるイスタンブールの通りでは、男性の一団がサズ(楽器リュートの一種)をかき鳴らし、「米国は長年われわれを搾取した。アメリカ、殺人者」などと歌っていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below