June 7, 2015 / 1:06 AM / 4 years ago

テニス=セリーナ、全仏オープンで四大大会20回目の優勝

 6月6日、全仏オープンの女子シングルス決勝、第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(写真)がルーシー・サファロバを下し、同大会3回目、四大大会通算20回目の優勝を果たした(2015年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[パリ 6日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは6日、女子シングルス決勝を行い、第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が第13シードのルーシー・サファロバ(チェコ)を6─3、6─7、6─2で下し、同大会3回目、四大大会通算20回目の優勝を果たした。

体調不良だったセリーナは「この48時間は悪夢のようだった」とコメント。「風邪の影響で全身が痛かった。その分、今回の優勝は特別」と述べた。

四大大会の優勝回数でセリーナを上回っているのは、24回のマーガレット・コート(オーストラリア)と22回のシュテフィ・グラフ(ドイツ)だけ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below