June 3, 2018 / 1:46 AM / 2 months ago

テニス=セリーナ、全仏オープン16強

[パリ 2日 ロイター] - テニスの四大大会の第2戦、全仏オープンは2日、パリのローランギャロスで女子シングルス3回戦を行い、セリーナ・ウィリアムズ(米国)は第11シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を6─3、6─4で下し、4回戦に進出した。

 6月2日、テニスの全仏オープン、女子シングルス3回戦、セリーナ・ウィリアムズ(写真)はユリア・ゲルゲスを6─3、6─4で下し、4回戦に進出した(2018年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

セリーナは次戦で第28シードのマリア・シャラポワ(ロシア)と対戦する。

昨年9月に長女を出産して以来、初の四大大会タイトルを狙うセリーナは、「試合を重ねる度にテニスがよくなっているように感じる。タフな相手に粘れている」と手応えを述べた。

セリーナの全仏16強入りは通算12回目で、出産後は初めて。試合中に子どものことを考えることがあるかと聞かれると、「試合を早く終えれば、娘に早く会えると思うことがある」と答えた。

そのほか第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第3シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)らが勝ち進んだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below