June 9, 2014 / 12:57 AM / 5 years ago

テニス=全仏オープン、ナダルが初の5連覇

 6月8日、テニスの四大大会第2戦、全仏オープンの男子シングルス決勝、世界ランク1位で第1シードのラファエル・ナダル(写真)が第2シードのノバク・ジョコビッチを3─6、7─5、6─2、6─4で退け、史上初の5連覇を達成(2014年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[パリ 8日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは8日、パリのローランギャロスで男子シングルス決勝を行い、世界ランク1位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を3─6、7─5、6─2、6─4で退け、史上初の5連覇、通算9回目の優勝を成し遂げた。四大大会制覇は通算14回目。

ナダルは序盤こそ調子が上がらなかったものの、第2セットでサービスブレークに成功すると、その後は優位に進めた。日差しが強く、ジョコビッチもプレーの質が落ちた。

全仏オープンでの記録を66勝1敗としたナダルは「このような試合ではすべてのポイントが重要。ジョコビッチには4連敗していたので、チャレンジだった」とコメント。9回目の優勝は「信じられないようなことで、感情的になる」と喜んだ。

生涯グランドスラムを逃したジョコビッチは「すべてを尽くしたが、トロフィーには手が届かなかった。しかし勝つまで挑み続ける」と雪辱を誓った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below