June 10, 2019 / 4:36 AM / 2 months ago

テニス=全仏主催者、従業員に空席埋めの指示

テニスの全仏オープン主催者は、8日に行われた男子シングルス準決勝と女子シングルス決勝で、従業員に空席の穴埋めをするよう指示した。写真はローランギャロスのセンターコート。パリで6日撮影(2019年 ロイター/Susan Mullane-USA TODAY Sports)

[パリ 9日 ロイター] - テニスの全仏オープン主催者は、8日に行われた男子シングルス準決勝と女子シングルス決勝で、従業員に空席の穴埋めをするよう指示した。

該当の席は、全仏が行われているローランギャロスのセンターコートにある協賛スポンサーらのためのボックスシート。この席では昼時になると、チケット保有者がパッケージに付帯する食事などを楽しむため席を立ち、しばしば空席になる。7日に行われたラファエル・ナダル(スペイン)とロジャー・フェデラー(スイス)の準決勝でも、客席は満員とはならなかった。

ロイターは、フランス・テニス連盟(FFT)が従業員に送ったとされるEメールのコピーを入手。その内容は、8日の午後12時以降、男子シングルス準決勝の終盤から女子シングルス決勝序盤にかけて、従業員による空席のボックスシートでの観戦を許可するものだった。

ただし、席の保有者が来た場合は譲ること、目立たず、ボックスシート内では一時的に従業員を示す身分証を外し、食べ物を持ち込まないこと、ソーシャルメディアでこれについて明かさないことなどの規定が設けられていた。

FFTは、ロイターの質問に対しコメントしていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below