March 13, 2020 / 6:27 AM / 22 days ago

ドル105円半ば、株安限られ円小幅反落

[東京 13日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円安の105円半ば。一時1800円安と急落した日経平均が下げ幅を縮小、米株先物もプラス圏へ切り返したことで、午後にかけて円が小幅ながら反落した。

 3月13日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円安の105円半ば。写真は2017年6月撮影(2020年 ロイター/THOMAS WHITE)

ドルは朝方の104円半ばからじり高。海外市場の高値には届かなかったものの、一時106円台へ切り返した。

クロス円も軒並み反発。豪ドルは早朝の65円前半から66円後半へ、ユーロも116円後半から118円半ばまで持ち直した。

この日のアジア株式市場は、韓国やインドネシア、タイ、インドなどで一時的に売買を停止するサーキットブレーカーが発動されるなど、大幅下落が継続。それでも日本時間午後に下げ幅を縮小したのは、週末を控えた短期筋の手じまい、急落で台頭した割安感に着目した押し目買い、といった要因を挙げる声が出ていた。

欧州中央銀行(ECB)ラガルド総裁の発言が、欧州各国の財政出動期待を高めたとの見方もあった。ECBは12日の理事会で追加利下げを見送ったが、総裁は「ユーログループが近く打ち出す大規模な財政出動策を、金融面から支えるための道具をそろえたのではないか。財政発動後、必要に応じて金融政策をより適切に調整するカードを切るつもりだろう」(外銀)との見方だ。

そうした観測を示唆するかのように、ラガルド総裁は会見で繰り返し、財政出動の必要性に言及。中銀トップの身でありながら「各国の財政対応の遅れを懸念している。ユーログループで断固とした動きが示されることを強く望む」と言い切った。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 105.59/61 1.1200/04 118.27/31

午前9時現在 104.66/68 1.1181/85 117.03/07

NY午後5時 104.63/66 1.1183/87 117.10/14

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below