Reuters logo
正午のドルは108円前半、リスク警戒とユーロ高が重し
2017年9月8日 / 03:27 / 13日前

正午のドルは108円前半、リスク警戒とユーロ高が重し

 9月8日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の108.19/21円だった。写真は都内で2009年11月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 8日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の108.19/21円だった。前日の欧州中央銀行(ECB)理事会後のユーロ高地合いが継続したほか、北朝鮮リスクや米ハリケーンへの警戒もあってドル/円の上値は重かった。

実質的に、商業決済の集中しやすい五・十日に当たり、仲値公示にかけて実需筋のドル買いが支えになったもよう。ただ、ユーロ/ドルの上昇が強まった場面でドル/円は一時108.05円に下落した。

正午前にユーロ/ドルは直近高値1.2070ドルを上抜けると、ストップロスを巻き込んで一時1.2090ドルに上昇した。「特段の材料があったわけではなく、投機筋が1.21ドルを試そうと仕掛けたようだ」(国内金融機関)との声が聞かれた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below