June 21, 2019 / 6:59 AM / 3 months ago

ドル107円前半、一時5カ月半ぶり安値

[東京 21日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円高の107円前半。一時107.04円まで下げ、1月3日以来5カ月半ぶり安値をつけた。米連続利下げ予想がドルの重しとなる構図が続いている。

 6月21日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円高の107円前半。写真は日本円紙幣と米ドル紙幣。2010年10月に撮影(2019年 ロイター/Truth Leem)

この日もドルは107円前半で上値の重い展開。前日海外市場では上昇へ転じた米10年債利回りが、アジア時間の取引で再び低下。2%割れに迫るとともに、ドルが軟化した。

朝方はプラス圏で始まった日経平均が下落へ転じたことも、リスク回避の円高地合いにつながった。クロス円は0.1─0.3%安となり、円は全般に底堅かった。

市場では、下げが勢いづいてきたドル指数が200日移動平均線へ到達したことが関心を集めている。昨年4月の上抜け後、何度も同線付近で下げ止まる抵抗線となり続けていたためで、利下げ観測を背景に下抜けすると、ドルが一段安となる可能性があるという。

ドル/円は今月5日の直近安値を下回ったことで、テクニカル的な下支えを失った状態。「1月の円暴騰時に付けた104円台も見えてきた」(トレーダー)との声も出ている。

市場の次の注目は、28日から大阪市で始まる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)。渦中のトランプ米大統領と中国の習近平国家主席が直接会談に臨む予定で、貿易を中心とする両国の対立姿勢がどう変化するかが鍵となる。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 107.20/22 1.1291/95 121.06/10

午前9時現在 107.29/31 1.1293/97 121.17/21

NY午後5時 107.29/32 1.1291/93 121.15/16

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below