for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英FTSE100種指数、ジャスト・イートとフェニックスを採用

 2月27日、英指数算出会社のFTSEラッセルは、外食デリバリーサービスのジャスト・イートと保険大手フェニックス・グループを英主要株価指数のFTSE100種に採用すると発表した。写真はFTSE100指数が表示される液晶掲示板。ロンドンで2013年7月に撮影(2019年 ロイター/Luke MacGregor)

[ロンドン 27日 ロイター] - 英指数算出会社のFTSEラッセルは27日、外食デリバリーサービスのジャスト・イートJE.Lと保険大手フェニックス・グループPHNX.Lを英主要株価指数のFTSE100種.FTSEに採用すると発表した。

四半期ごとの組み入れ銘柄見直しで採用が決まった。ジャスト・イートは前回の見直しで同指数から除外されたばかりだが、再び加わる。

同2銘柄の組み入れに伴い除外されるのは、ブックメーカー(賭け業者)のGVCホールディングスGVC.Lと油田サービス会社のウッド・グループWG.L

銘柄入れ替えは3月15日の引け後に実施し、翌週3月18日の寄り付きから反映されることになる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up