March 30, 2015 / 8:33 AM / 3 years ago

富士フイルム、米国のiPS細胞の開発・製造会社を買収

[東京 30日 ロイター] - 富士フイルムホールディングス(4901.T)は30日、iPS細胞の開発・製造を手掛ける米セルラー・ダイナミクス(CDI)ICEL.Oを、株式公開買い付け(TOB)により買収すると発表した。成長の柱と位置付けている医療分野を強化する。

 3月30日、富士フイルムは、iPS細胞の開発・製造を手掛ける米セルラー・ダイナミクスを、株式公開買い付けにより買収すると発表。富士フイルムの古森社長、都内で2012年撮影(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

1株当たり16.5ドルで、買い付け総額は3億0700万ドル(約370億円)。手元資金を充当するため、資金調達は想定していない。買い付け期間は、合意した3月30日(米国時間)の翌日から5営業日以内に開始され、開始後20営業日で終了する。買収後、CDI社は、連結子会社となる。

富士フイルムの古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)は会見で「ヘルスケア分野は中長期的な成長の柱であり、積極的に事業を拡大している」と述べた。

買収により、富士フイルムはまず、iPS細胞を使った創薬支援事業に参入する。現在、動物試験などを行っている工程でヒトiPS細胞由来の細胞を使うことによって、開発期間の短縮やコスト削減、開発の確率向上につながることが見込める。

CDI社は、2004年に設立され、13年7月にナスダックに上場したバイオベンチャー。古森会長は「高品質なiPSを安定的に製造する技術が特徴」と評価している。

売上高は2014年度で1670万ドル(約20億円)。

*情報を更新し、写真を追加します。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below