March 8, 2018 / 7:24 AM / 5 months ago

パリのマイヨール美術館で藤田嗣治展、100点以上の作品展示

[パリ 7日 ロイター] - 仏パリにあるマイヨール美術館で、20世紀初頭にパリで活躍した日本人画家、レオナール・フジタ(藤田嗣治)の展覧会が始まった。女性や猫、自画像で知られるフジタの作品100点以上が展示されている。

 3月7日、仏パリにあるマイヨール美術館で、20世紀初頭にパリで活躍した日本人画家、レオナール・フジタ(藤田嗣治)の展覧会が始まった。女性や猫、自画像で知られるフジタの作品100点以上が展示されている。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

フジタの才能がパリで花開き、ピカソ、モディリアーニ、アンリ・ルソーら「エコール・ド・パリ」派の画家たちが活躍した1913年─1931年の作品が中心になる。

展示のハイライトは4つの部分から成る3メートル四方の作品「Big Compositions」。尊敬するミケランジェロ、ロダンなどに捧げた作品で、伝統的なヌードが描かれている。

展覧会は7月15日まで開催される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below