July 30, 2020 / 8:32 AM / 11 days ago

富士通、4-6月期決算は大幅増益 採算性改善など奏功

 7月30日、富士通は、2020年4─6月期連結決算(国際会計基準)で営業利益が222億円(前年比6.58倍)、純利益が181億円(同2.56倍)になったと発表した。写真は千葉で2017年10月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - 富士通(6702.T)は30日、2020年4─6月期連結決算(国際会計基準)で営業利益が222億円(前年比6.58倍)、純利益が181億円(同2.56倍)になったと発表した。売上収益は4.3%減の8027億円だった。

新型コロナウイルスの影響はあったものの、採算性の改善や経営の効率化などが奏功した。コロナの影響を除いた売上収益はスーパーコンピューター富岳などシステムプラットフォームが寄与し、143億円増だった。

21年3月期の業績予想を開示し、売上収益は前年比6.4%減の3兆6100億円、営業利益は0.2%増の2120億円、純利益が横ばいの1600億円を見込んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below