for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士通は一進一退、東証の売買システムの機器故障を受け

[東京 2日 ロイター] - 2日の東京株式市場で、富士通6702.Tは一進一退。東京証券取引所が1日、株式売買システムの機器故障に伴うシステムエラーで全銘柄が終日売買停止となった。故障した機器が富士通製だったことはネガティブ視されているもよう。2日の寄り付きは上昇してスタートしたが、その後伸び悩み、マイナス圏に沈んでいる。

東証は現時点で富士通に対する損害賠償請求を考えていないというものの、富士通は技術力に対してマイナスイメージがついた可能性がある。市場からは「富士通は通信インフラを担い、5G関連銘柄の本命の一角の位置付けでもある。システムのバックアップが機能しなかったことが痛い」(国内証券)との声が出ていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up