October 29, 2018 / 7:35 AM / 14 days ago

ファナック、通期予想下方修正 IT需要に陰り・貿易摩擦も影響

[東京 29日 ロイター] - ファナック(6954.T)が29日に発表した2019年3月期の連結営業利益予想は、1509億円と前回公表した1594億円から下方修正した。

 10月29日、ファナックが発表した2019年3月期の連結営業利益予想は、1509億円と前回公表した1594億円から下方修正した。写真は同社のロゴ。都内で17日撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

同社は「前年度において活発だったIT関係の一時的な需要が、現時点では見込めないことに加え、国家間の貿易摩擦問題の動向とその影響、為替の動向をはじめとするさまざまな不透明な要因から、総じて予断を許さない状況が続く」とし、業績予想を引き下げた理由を説明している。

リフィニティブが集計したアナリスト21人の営業利益予測の平均値は1963億円。会社予想はこれを23%下回っている。

業績予想の前提となる想定為替レートは下期、1ドル=100円、1ユーロ=120円。連結売上高予想は6260億円(従来予想は6374億円)、当期純利益予想は1423億円(同1452億円)にそれぞれ引き下げた。

一方、ファナックはこれまで未定としていた中間配当について、普通配当252円87銭に特別配当345円32銭を加えた598円19銭とすると発表した。連結配当性向は141.9%。前年の中間配当は265円45銭(連結配当性向は60%)だった。

15年4月に公表した株主還元方針に基づき、連結配当性向60%に加えて必要となる還元額の半分に相当する額を、特別配当として今回株主に還元する。

<7─9月期の連結営業利益は22.8%減>

18年7─9月期の連結売上高は前年同期比9.5%減の1622億円、連結営業利益は同22.8%減の439億円で減収減益だった。

部門別売上高では、FA部門が同4.0%増の587億円だったが、ロボット部門は同4.0%減の529億円、ロボマシンが同41.4%減の267億円と減少した。サービス部門は同8.6%増の239億円と堅調だった。

また、4─9月期の連結売上高は前年同期比0.8%減の3450億円、連結営業利益は同8.4%減の984億円だった。

*カテゴリーを修正して再送します。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below