for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米フィデリティ、ファンド保有のウィーワーク株評価額を35%下げ

[ボストン 30日 ロイター] - 世界最大の投資信託運用会社、米フィデリティ・インベストメンツは、コントラファンドが保有している共用オフィス「ウィーワーク」運営の米ウィーカンパニーのシリーズE株式の評価額を35%引き下げた。

フィデリティの30日付発表によると、コントラファンドが保有するウィーカンパニーのシリーズE株式の評価額は9月末で1億9310万ドル。8月は2億9810万ドルだった。評価額の減少は両期間中に株式の取得や売却、譲渡などが行われていないことを前提としている。

フィデリティはコメントを控えた。

コントラファンドは2015年6月に1億7970万ドル相当のウィーカンパニーのシリーズE株式を取得。18年末の評価額は4億1150万ドルだった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up