March 3, 2016 / 3:05 PM / 2 years ago

割安でも銀行株避けるべき、マイナス金利環境足かせ=グロス氏

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 著名債券投資家でジャナス・キャピタル・グループのビル・グロス氏は、マイナス金利が視野に入る状況では、割安感が出ていても銀行株を買うべきではないとの考えを示した。最新の投資見通しで述べた。

イールドカーブが世界的にフラット化し銀行の利ざやが細る中で、マイナス金利は銀行収益に打撃を与えると指摘。

最近の世界的な銀行株急落の原因は、エネルギー・コモディティ業界のデフォルト(債務不履行)の可能性というよりは、「銀行は厳しい規制下に置かれているだけでなく、将来の株主資本利益率(ROE)が公益株とほぼ似通った水準になると投資家が認識しているため」と述べた。

またマイナス金利に起因する一時的な勢いで高値をつけているとし、米独国債への投資も勧めないとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below