for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独立系運用会社がAIJ問題で集会、過剰な規制強化に反対 「多様性」必要と

 [東京 21日 ロイター] AIJ投資顧問が受託した年金資産を毀損(きそん)した問題を受け、大手金融機関の系列に属さない独立系の資産運用会社12社が21日、都内で集会を開いた。

 AIJ問題では、独立系の資産運用会社が問題にかかわったとして、年金等の運用で「独立系」を排除する動きや規制強化を求める声が強まっている。これに対し、参加者からは「運用の安全などを過剰に求める規制強化は国債偏重の資産運用を増長し、リスクマネーを減少させるおそれがある」、「マーケットに厚みを持たせるためにも運用者の『多様性』が重要」との指摘があった。

 ひふみ投信の取締役でCIOの藤野英人氏は「ある程度の規制はやむをえない」としながらも「運用残高1兆円と50億円の会社で同じ規制でいいのか」と懸念を示した。会合には与野党の国会議員も参加し、問題意識などを表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up