for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日興アセット、国内初の海外債券指数連動型ETF「上場外債」を9月25日設定

 [東京 9日 ロイター] 日興アセットマネジメントは8日、国内初の海外債券指数への連動を目指すETF(上場投信)を9月25日に設定すると発表した。今月30日に東京証券取引所への上場を予定している。銘柄コードは1677。また同ETFは、国内ETFで初の毎月分配型となっている。

 25日に日興アセットが投入するのは「上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型<愛称:上場外債>」。同ETFは、海外債券指数「シティグループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)」への連動を目指すもので、同指数は、日本を除く世界主要国の国債を対象とし、現地通貨ベースの指数をヘッジを行わずに円換算したもの。

 「上場外債」は、ETFとして国内初の毎月分配タイプになっており、低コストで世界の債券に投資し、かつ定期的に分配を受け取りたいという投資家ニーズにも応えた商品設計になっている。

 日興アセットのETFの品揃えは、今回の「上場外債」で10本となる。

 (ロイター日本語ニュース 岩崎 成子記者)

(michiko.iwasaki@thomsonreuters.com; 03-6441-1799; ロイターメッセージング:

michiko.iwasaki.reuters.com@reuters.net)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up