for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日興アセットのETF「上場外債」が2度目の株主優待実施へ、受益者増加に貢献

 [東京 8日 ロイター] 日興アセットマネジメントは「上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI) 毎月分配型(愛称:上場外債)」62007248JP.LP1677.Tの「株主優待」(受益者優待)を実施する。10年12月以来2回目。ETFの認知度向上と投資家層の拡大が狙い。

 対象となるのは11年7月10日時点で「上場外債」を10口以上保有する株主(受益者)。優待内容は日興アセットから図書カード500円分が贈られる。

 「上場外債」は、国内初の毎月分配型ETF。10年2月から分配をスタートしており、これまでの分配実績は計3256円。日興アセットによると、ETFとして初めて実施した前回の株主優待後、「上場外債」の受益者数は実施前に比べ約13%増加した。

 「上場外債」は、主要先進国の国債を網羅するインデックス「シティグループ世界国債インデックス」(Citigroup World Government Bond Index :WGBI)への連動をめざすETF。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up