for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル一時108.73円、2週間半ぶり安値

[東京 27日 ロイター] -

 1月27日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点からドル安/円高の109円前半。写真は2013年2月撮影(2020年 ロイター/SHOHEI MIYANO)

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点からドル安/円高の109円前半。新型肺炎の影響拡大を懸念する形で株価や原油が下落、リスク回避的に円が買われる展開が続いた。

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、週明けのドルは前週末NY終盤の水準から気配値を切り下げた109円前半で取引が本格化。午前8時過ぎには108.73円と今月8日以来2週間半ぶりの安値を更新した。

新型ウイルスによる肺炎患者数は中国国内で2744人、死者は80人に達した。中国国務院(内閣に相当)は1月30日までだった春節休暇を2月2日まで延長すると発表した。中国以外では日本、タイ、オーストラリア、米国、フランス、カナダなどで感染が確認された。[nL4N29V0DI]

イラクの首都バグダッドで制限区域「グリーンゾーン」内に26日夜、5発のロケット弾が撃ち込まれたことも、リスク回避ムードを強めた一因になったという。ロケットは少なくとも1発が米大使館の敷地内に着弾、3人が負傷したとみられる。[nL4N29W075]

英米など11の英字紙に掲載された、地政学リスクに関連する記事の数を指数化した「地政学リスク指数」は、今年1月に547.97と昨年12月の92.17から大きく上昇。過去最高を更新した。

SMBC日興証券のチーフマーケットエコノミスト丸山義正氏は、同指数について「リスク度合いが明らかに高まった点には注意が必要。サウジアラビア空爆に類するようなトラブルが、年内に複数回生じる可能性は否定できない」として、地政学リスクへの警戒感が金融市場の重石になると警告している。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 109.03/05 1.1029/33 120.27/31

午前9時現在 108.78/80 1.1022/26 119.93/97

NY午後5時 109.27/28 1.1023/27 120.44/48

為替マーケットチーム

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up