January 30, 2020 / 6:42 AM / a month ago

ドル108円後半、株安で上値重い

[東京 30日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円高の108円後半。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は新たな売買の手がかりとならなかったものの、アジア株安を背景に円が底堅い展開となり、ドルは一時108.84円まで下落し、28日以来の安値をつけた。

 1月30日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円高の108円後半。写真は2013年2月撮影(2020年 ロイター/SHOHEI MIYANO)

きょうのドルはじり安。朝方の109円前半から午後にかけて、少しずつ売りに押された。休場明けの台湾株が4%超の下げとなるなど、アジア株が売り優勢となったことが要因。クロス円も軒並み安だった。

市場の関心は引き続き、新型肺炎の感染拡大。シティバンクは今年の中国の成長率見通しを従来の5.8%から5.5%へ引き下げた。その影響が集中する第1・四半期は4.8%まで急速に低下するという。

さらに、中国経済に占めるサービス業の比率が急上昇していることなどから、構造的な減速と相まって「第2・四半期も景気回復は緩慢」になるとしている。

きょう英中銀が開く金融政策委員会にも注目が集まっている。経済指標の大きな上振れと下振れが相次いだことで、事前の利下げ予想は現在、据え置きと利下げがほぼ二分された状況。「結果がどちらでもポンドは上下動がありそう」(FX会社幹部)という。

きょうのポンドは141円後半。1カ月ぶり安値圏でもみあった。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 108.91/93 1.1011/15 119.94/98

午前9時現在 108.98/00 1.1011/15 120.02/06

NY午後5時 108.99/02 1.1009/13 120.01/05

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below