November 30, 2018 / 3:09 AM / 12 days ago

G20首脳らがアルゼンチン入り、名産品でもてなし

 11月29日、南米初となる20カ国・地域(G20)首脳会議が開催されるアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、現地入りした首脳らにアルパカのスカーフや銀の腕輪、メンドーサワイン、パタゴニア産の茶など、アルゼンチンの名産品が贈られた。写真はブエノスアイレスに到着したトランプ米大統領夫妻。(2018年 ロイター/Martin Acosta)

[ブエノスアイレス 29日 ロイター] - 南米初となる20カ国・地域(G20)首脳会議が開催されるアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで29日、現地入りした首脳らにアルパカのスカーフや銀の腕輪、メンドーサワイン、パタゴニア産の茶など、アルゼンチンの名産品が贈られた。

会議は30日から2日間開催される。

女性の出席者には記念デザインを施した腕輪が、男性には北部山岳地帯のカタマルカ州で手織りされたスカーフが贈られた。マクリ大統領府によると、これらはフリアナ・アワダ大統領夫人が個人的に選んだ。

このほか、練乳を加熱してキャラメル化した「ドゥルセ・デ・レチェ」入りチョコレート、特製の茶やろうそく、メンドーサ産マルベックワインが贈られるという。

30日夜には世界的に知られるブエノスアイレスの劇場テアトロ・コロンで特別晩餐会が行われる。料理長がロイターに明かしたところでは、ステーキやラム肉、パンにソーセージを挟んだ「チョリパン」など、アルゼンチンの伝統料理が供される。

今回の首脳会議は、貿易や移民、気候変動などの主要議題で各国間の意見の隔たりが大きく、厳しい会議になるとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below